サステナビリティ

持続的成長を導く、ESG投資。

シュローダーのESG投資の取り組み

質の高いガバナンス体制を確立し、環境や社会の変化と課題をビジネスチャンスに転換できてこそ、企業は長期の成長が維持できるという考えのもと、シュローダーは20年以上、ESGの要素を取り込んだ運用を実践しています。

持続的な成長が期待できる企業を見極める投資こそ、アクティブ運用の本質であり、投資家の利益を最優先する「責任投資」であると考えます。

長期の視点に立った投資は、企業価値の向上を促し、同時に社会や経済全体の利益となり、投資収益の拡大にもつながっていきます。



シュローダーのESG投資

2015

シュローダーのESG投資では、企業がESG課題や変化を成長の機会と捉え、どのような取り組みをしているかを投資の判断基準の一つとしています。持続的な成長が期待できる企業を見極める運用手法で、中長期的な投資収益の追求を目指しています。